Blogトピックス日記

頭皮のケア その1 ~正しいシャンプー~

こんにちは。 ササンヘアワークの佐藤ゆきです。

みなさん、頭皮のケアしてますかー?

ということで、前回抜け毛のメカニズムからの~

今日は 正しいシャンプーの仕方です☆

シャンプー。

それはもう、毎日当たり前にすることですが、実際、正しいシャンプーができていますか?

そんな いまさら誰にも聞けないようなことを、あえて今日は書いてみたいとおもいます(笑)

シャンプーの目的は、『髪を洗う』というよりは『頭皮の余分な皮脂や埃を洗う』ことなのです。

シャンプーのまえに 目の粗いくしで ブラッシングをしましょう
ここで埃を落としますよ

つぎに、お湯で流します。

温度は 38度くらいがベストですが、まあ、好みで。
熱すぎず温すぎず。
髪に付いた汚れは、ここでほとんどが落ちています!

さぁ、ここからいよいよ シャンプー☆

まず手のひらに、適量のシャンプーをだして、両手で擦り合わせてから 髪に馴染ませ泡立てていきます。

この泡で、洗います!!


シャンプーの量は、多ければ多いほど 洗浄力が上がるわけじゃありません!

適量はだいたい 100円だま1、2枚ぶんです

すごいロングならもう100円追加で 笑

泡立ったら あとは、指の腹を 頭皮に当てて、細かく円を描くように、洗っていきます。

髪じゃなくて頭皮を、ですよ~(しつこい笑)

指の腹とは。。主に、ユビサキ第三関節の指の腹ですが、当たる部分が広ければ、マッサージの相乗効果もありますね(* ^ー゜)ノ
髪と泡は手のひらのなかに、
指は頭皮にあてて、ワシャワシャと洗います。

痒いからって、爪をたてたりするのは厳禁です☆

洗いおわったら、よく 流しましょう。

ほんとに、よく流してください。

念入りにっっ!!!笑


シャンプーより、ゆすぎが大事といっても過言じゃないくらい大事です。


シャンプーが 頭皮(毛穴)に残ってしまうと、ベタつきはもちろん、フケ痒み、抜け毛…とトラブルの原因になります。。

次はコンディショナー

(いまは、リンスよりコンディショナーのほうが断然つかいますよね)


ゆすぎのあと、よ~く水気をしぼってから つけますよ

コンディショナーやトリートメントの類いは、決して根元にはつけません。


せっかくシャンプーの洗浄成分で毛穴の汚れをとったのに、コンディショナーやトリートメントの成分が頭皮についてしまうと、毛穴がつまってしまいます!!

あくまでも、コンディショナー(リンスも)やトリートメントは 髪のキューティクルの保護や手触り感をアップさせるためのものなので、つけるのは、髪だけでいいのです。


最後は またしっかりと流してくださいね

ハードなスタイリング剤をつけている場合、なかなか一度のシャンプーでは取れない場合もあります
お湯で流すとき、髪を揉むようにして、スタイリング剤をある程度ながしちゃってから、あとは二度洗いをしてください。

はい、以上が正しいシャンプーの仕方でした☆

次回は 頭皮のマッサージについて書きます(^q^)

2014年11月10日